返済方法

借りたお金の返済計画

複数の金融業者からの借り入れがある場合、毎月支払う金利だけでも大変な額になっています。
そういった多重債務から脱却することが並大抵の努力では不可能であることは、少しでも借金を
した人ならわかると思います。

それどころか、返済が覚束なくなる心配のほうが大きいのではないでしょうか。

すべての借り入れを、契約で決められた期日に返済することが困難な状態に陥ったら、対策を講
じなければなりません。問題を先送りして放置していれば、ますます問題が深刻化してしまいま
す。

まずは支払っているすべてのローンの金利を確認しましょう。その上で、金利の高いものから優
先的に支払うようにしていきます。金融業者からの借り入れ利息は通常、年利で定められます。

それを日割りにした上で実際に借りた期間をかければ支払う金利の額が算出出来ます。これはつ
まり、金利の支払い額の大小は、融資を受けた金額と融資を受けていた時間の長さと金利によっ
て決定されるということです。

したがって複数の業者から借り入れをしている多重債務者は、金利の高いローンから優先的に支
払いを集中し、それを完済していくことで少しでも借り入れを減らしていくことが可能になりま
す。

0

繰上返済の活用

前述したように、支払い期間が長ければ長いほど支払う金利の額も大きくなっていきますし、それ
だけ生活に負担をかけることにもなります。

もしも何らかの臨時手当が出てお金に余裕が出来た場合は、繰上返済に充当することで少しでも返
済期間を圧縮することが出来ます。返済期間が短くなれば、それだけ支払う金利の額も少なくて済
みます。

消費者金融からの借り入れであれば、通常、定められた月々の返済額は、その支払日までの金利
と元本へ自動的に振り分けられます。もしも定められた返済額を超過する返済をした場合は、超
過した部分は元金へと充当されていきます。

借金を減らすには金利を支払っていても元金は一円も減りませんので、あくまでも元金を減らす
努力をすることが必要です。したがって、お金に余裕が出来た際は定められた返済額を超える支
払いをすることが重要となってきます。

また、カードローンのように毎月の支払いが決まっているような場合は、条件変更によって月々
の返済額を増やすことで総支払額を減らすことが可能です。

返済方法の知識